正しい四柱推命・良い命名・良い選名・良い社名・中国式四柱推命・帝王運命学・北海道の占い・函館の占い

印 相

印 相

人にも相があるように、印鑑にも相があります。


印相占いは、中国が起源と言われています。

印相は、改名せずとも、名前の運気の弱い所を強化し、
相性の良くない者同士を調和させたりします。


自分の体(印材)の影=陰=印です。

名は体を表し、印は運を司ります。あなたの分身です。


なお、姓名判断、九星気学同様、易の陰陽五行説が元になっています。

◎印の運勢◎

枠が太く、名前が細字の印人間関係、家庭不和が生じやすく、財運、
健康に恵まれない。
文字が斜めに配置されている印浪費が多く、愛情、健康に恵まれない。
古い印を彫り直した印急な運勢の衰運に見舞われる。
親から譲り受けた印自立心が弱く、次第に家運が傾いていく。
輪郭や文字に欠けや傷がある印欠けや傷が位置する、印相八方位の運勢が衰える。
四角い印一時、運勢が良くなるが、それ以上発展せず長続きしない。
対人関係で孤立しがちで、財運にも恵まれない。
極端に大きい印口ばかりで、実行力に欠ける。
極端に小さい印小さい事に拘り過ぎて、無気力で活力に欠ける。
我流文字の印何かと迷いが多く、運勢が乱れる。
三文判人生が常に受け身になり、苦労ばかりが多く、
病難や破財を跳ね返す力がない。
異なる印材を継ぎ合わせた印災難に見舞われやすく、何事も中途半端で挫折する。
四割印四方に運勢が分散し、運勢に勢いがなくなる。
印面に対して文字が小さい印名は体を表し、印は運を司るので、
人生を運勢に乗っ取られ振り回される。
指輪型の印恋愛関係、人間関係、契約、取引などの約束事は
果たせない。金運トラブルが尽きない。
絵や模様が描かれている印見せかけだけで、中身は無く、何の頼りにもならない。
輪郭が二重の印発展性に乏しく、家庭に恵まれない。
目印、凹み、凸りがある印運勢を殺してしまう。
小判型の印消極的で受け身になりがちで、苦労ばかりになる。
水晶やメノウの印脆くて欠けやすく、傷が付きやすい。
苦労が多く財運に恵まれない。
プラスチックの印生気が無く、常に意識が曖昧で、人からの信用を
得られない。
男性の姓だけの実印気が小さく、不安定。人間関係に孤立を招き、
協力者に恵まれない。
片側に寄った印人生に常に不満を持って過ごす。
字体が不揃いの印苦労が多く、運勢に振り回されやすい。
楷書体の印活気が無く神経質で意思が弱い。
行書体の印人に振り回される事が多く、苦労が絶えない。
草書体の印考えが独りよがりで、自己中心的で陰気。人望を欠く。
略字の印自分の人生を生きる事無く、世の中を上手く生きられない。
キャップのある印才能に蓋をしてしまう。
二寸丈以外の印短い物は伸び悩み,長い物は協調性に欠ける。
夫婦で夫の実印より、妻の実印の方が大きい主従が逆転する


◎吉相の印◎

◎印材

  • 象牙、水牛、つげ
    印に求められる条件である、自然の生気を受け、しかも丈夫。
    押印時に使う朱を印材の組織が吸い上げ、印を朱に染め、厄除け開運印となる。

◎形

  • 正円型
    健全、福徳、財禄を招き、四方八方に物事を発展させる。
    印円が小さすぎると運勢が不安定になる。

◎彫

  • 縦彫
    積極性、発展性など行動する運気を後押しする。
    男性の認印、仕事印に適している。
  • 横彫
    調和、安定、福寿財運を整える、蓄える運気を後押しする。
    実印、銀行印に適している。

◎長さ

  • 60ミリの物が良い。

◎色

  • 積極性を求めるなら、白色の象牙。商売にも良い。
    夫婦円満を求めるなら、同じ材質で尚且つ、
    女性の印が男性の印より大きくならない事。

◎印字体

  • 印文の為に研究された、印相体のみを吉相とする。
    (楷書・行書・草書の字体は開運を妨げる)

●女性の吉印●

◎彫

  • 横彫で篆刻したものが良い。
    縦彫は孤独を招く。
  • 女性用の実印は名前でつくる事で、結婚後もそのまま使える。
  • 夫婦の場合、夫の実印より大きくならないようにする。
  • 女性で経営者の場合は、フルネームで彫ると良い。


◎使い方◎

印にはそれぞれの役割があるので、実印は実印を使用する場合のみに使用する。

その他の印も同様。


◎生まれ年と適合印材の早見表◎

相印では、印材を自分の体と考えます。

一白水星象牙
オランダ水牛
つげ
二黒土星象牙
黒水牛
三碧木星黒水牛
オランダ水牛
つげ
四緑木星黒水牛
オランダ水牛
つげ
五黄土星象牙
黒水牛
六白金星象牙
黒水牛
オランダ水牛
七赤金星象牙
黒水牛
オランダ水牛
八白土星象牙
黒水牛
九紫火星象牙
オランダ水牛
つげ



印の浄化・処分の仕方

言霊・音霊・名付け

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional