正しい四柱推命・良い命名・良い選名・良い社名・中国式四柱推命・帝王運命学・北海道の占い・函館の占い

十二支の物語

十二支の物語

猫 猫が十二支に入っていないのはなんで?


その昔、神様が神様動物たちにおふれを出しました。



「元旦に挨拶に来た順に、その年の大将にする」と。



それを聞いた牛(丑)は、
「おいらは、歩くのが遅くて太っているから、早めに出かけて神様の家の前で待ってよう」と、
年末の忙しい時期でしたが、何日も前から出かけて行きました。



でも・・・



一番乗りしたのは、鼠(子)でした。

ちゃっかりと牛(丑)の背中に乗っていたのです。

丑の背中に子


次々と動物たちがやってきました。


寅  寅

卯うさぎ(卯)

辰たつ(辰)

巳へび(巳)

午馬(午)

未ひつじ(未)



猿(申)と犬(戌)はとっても仲が悪く、この日も、ご門前で大喧嘩をしていました。

この二者の仲裁(中)に入ったのが鶏(酉)でした。

申酉戌

この喧嘩に時間がかかってしまい、申・酉・戌の順番は遅くなってしまいました。



猪(亥)は、突進しすぎて神様の家を通り越してしまって・・・

亥

・・・一番最後になったそうです。



猫はと言うと・・・



鼠(子)に一日遅い嘘の日を教えられたため、挨拶に間に合いませんでした。

これ以来、猫は 鼠(子)を追いかけるようになったそうな。


子猫



おしまい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional